SDGs から探す

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

理学部

数理科学科

Department of Mathematical Sciences

数理的な思考・問題解決能力を身につける

数理科学科の詳細はコチラ
LABORATORY

現象数理解析研究室

大﨑浩ー 教授

ハチの巣や雪の結晶など自然界には様々なパターンが存在します。研究室では、自然・生命・社会現象に現れる非線形現象を題材とし、数理モデルを用いてそれらを解析・研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

計算可換代数研究室

大杉英史 教授

多項式の集まりの中で、特に良い性質を持つ「グレブナー基底」の研究をしています。さまざまな分野に応用可能で、多くの数式処理ソフトウェアに実装されています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

関数近似理論研究室

北原和明 教授

円周率を3.14を用いて計算するように、複雑な関数を扱いやすい関数で近似する理論が関数近似理論です。関数近似理論により、関数の特性を明らかにします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

微分幾何学研究室

黒瀬 俊 教授

微分幾何学は、微分積分などを使って図形の性質を研究する分野。幾何の感覚を取り入れた微分積分の発展形という面もあり、物理学や工学にも応用されます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

幾何解析学研究室

示野信ー 教授

図形の性質を調べる数学分野である幾何学は、測量や天体の運行を調べるために始まり、現代でも数理科学の一分野として発展しています。対称空間上の関数の研究を行っています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

時空間データ解析研究室

昌子浩登 准教授

生命現象の時空間データを解析するために、研究室では、生体の行動や3次元形態の実験データをもとに、数理モデリングを通して普遍的原理解明を行っています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

確率論・確率過程論研究室

千代延大造 教授

例えば、コインを投げ続けて表が出る頻度が1/2に近づいていくといった、確率論を研究しています。偶然性の中にひそむ法則を見いだし、それを数理的に解析、研究する分野です。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

確率解析・数理ファイナンス研究室

藤原 司 教授

確率論、特に確率過程を中心に研究しています。確率過程の数理的研究は工学、物理学、生物学、金融や保険など極めて広範な領域において応用されています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

アフィン代数幾何学研究室

増田佳代 教授

アフィン空間をはじめとする代数多様体と呼ばれる、幾つかの多項式の解集合としてあらわすことのできるような図形について、対称性などの観点から研究しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

統計科学研究室

森本孝之 教授

例えばスーパーなどでの生鮮食品の値動きなどを、何らかの規則性を持っているのかどうかを統計的に研究。社会、人文、自然科学の諸問題をビッグデータを用い解明します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

理学部

物理・宇宙学科

Department of Physics and Astronomy

物理現象・宇宙の謎に迫る

物理・宇宙学科の詳細はコチラ
LABORATORY

光物理学研究室

栗田 厚 教授

世界は光と物質でできています。レーザー分光の手法を用いて、物質が色を持つ仕組みや光を発する仕組みなど、光と物質との相互作用によって起こるさまざまな現象を探究します。

教員紹介ページへ

薄膜物性研究室

阪上 潔 准教授

結晶から構成された基板上に超高真空中で原子を並べて作ったごく薄い膜を交互に積層させた人工格子について、性質の解明や新しい性質を持った人工格子の作成、その応用を研究。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

X線天文研究室

平賀純子 准教授

観測装置を搭載した人工衛星の開発に携わり、X線天文衛星による観測データから、超新星残骸について研究しています。次世代のミッション搭載を念頭にX線検出器の開発を推進。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

赤外線天文学研究室

松浦周二 教授

宇宙からの赤外線を捉えることで銀河誕生やダークマターの謎など、現代の宇宙物理学が抱える大きな課題に取り組みます。ブラックホールが出した光を人工衛星により観測します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

理学部

化学科

Department of Chemistry

基本原理を探究し化学の発展に貢献する

化学科の詳細はコチラ
LABORATORY

レーザー物理化学研究室

大間知潤子 講師

最先端の光技術を用いて、単発現象の初期過程を超高速の時間スケールから追跡する新規分光法を開拓し、異分野融合の基礎研究を行います。

教員紹介ページへ

機能物質量子化学研究室

小笠原一禎 教授

物質の性質を支配する電子の振る舞いを、コンピュータで理論的に解析するための新しい計算プログラムを開発し、宝石の色の起源や照明などの発光材料の発光起源を研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

分子分光イメージング研究室

重藤真介 准教授

分子の構造や分子のまわりの環境を鋭敏に反映する振動分光法を駆使し、液体・溶液から結晶、生きた細胞、バイオフィルムまで幅広く研究を展開しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

多元ナノ化学研究室

田中大輔 准教授

最先端のナノテクノロジーの手法を駆使して分子を自在に操り、革新的な材料を開発。次世代エレクトロニクスへの応用や環境エネルギー問題の解決をめざしたナノ材料を合成します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

光物理化学研究室

玉井尚登 教授

フェムト秒時間分解レーザー分光法を用い、ナノ物質に特有な化学反応初期過程のメカニズムを解明。効率の良い光化学反応や光触媒反応を設計する「超高速現象の化学」を研究。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

有機材料化学研究室

畠山琢次 教授

次世代の機能性材料であるナノグラフェンの中の任意の炭素をヘテロ元素(ホウ酸、窒素、酸素等)に置換した「ヘテロナノグラフェン」の合成研究を基礎と応用の両面から研究。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

分子性酸化物研究室

矢ケ崎 篤 教授

地殻の重量のうちおよそ半分、体積にすると実に9割を占める酸素とその化合物である酸化物の研究を推進。身の回りにある多種多様な酸化物を包括的に理解することをめざします。

教員紹介ページへ

生体分子構造化学研究室

山口 宏 教授

タンパク質の立体的な構造をX線結晶構造解析法で決定し、それらの構造からどのようにしてタンパク質の機能や生命の機能がもたらされるかを研究しています。

教員紹介ページへ

工学部

物質工学課程

Program of Materials Science

物質科学からエネルギー問題を解決する

物質工学課程の詳細はコチラ
LABORATORY

反応プロセス設計研究室

小倉鉄平 教授

コンピュータを用いて分子レベルの観点から実際の現象に対する計算解析を行います。燃料電池電極やその燃料である水素の製造触媒における現象解明、理論的設計に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

自動車好きのエネルギー環境物質研究室

田中裕久 教授

ナノレベルで構造制御した材料研究によって、液体燃料から直接発電する「燃料電池」など、100年後の暮らしを支える技術やエネルギーの実現を時間軸で考え、開発します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

二次元物質科学研究室

日比野浩樹 教授

次世代の電子・光素子の構成材料として炭素原子の二次元シートであるグラフェンなどの二次元物質とそれらの複合材料を研究。社会の持続発展に役立つ素子の開拓にも挑戦します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノスケール構造物性研究室

藤原明比古 教授

高容量の有機硫黄ポリマーをはじめとする2次電池の正極材料、高性能性・生産性・耐久性に優れた半導体材料など、エネルギー関連材料の分析を行い、新規材料の設計をめざします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノ蓄電工ネルギー材料科学研究室

吉川浩史 准教授

有機小分子や高分子から無機物質、有機無機複合材料、炭素材料などさまざまな物質を対象に、大容量・急速充電を実現する蓄電池材料の開発研究を行っています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

物質設計理論研究室

若林克法 教授

ナノスケールの大きさを持つ物質・材料の電子物性を理論・計算によって解明し、ナノスケールの領域で顕著に起きる特異な電子物性について、機能物性を予測し理論的設計します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

工学部

電気電子応用工学課程

Program of Electrical and Electronic Engineering

電力を有効利用し持続可能な社会に貢献する

電気電子応用工学課程の詳細はコチラ
LABORATORY

省エネルギー半導体研究室

大谷 昇 教授

ワイドバンドギャップ半導体、特に電気エネルギーのロスを大幅に削減できる可能性を持つシリコンカーバイドと呼ばれる化合物半導体単結晶の結晶成長や欠陥物理を研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

極限環境先進ナノプロセス研究室

金子忠昭 教授

半導体を利用し、原子の大きさが認識できる極微小のナノ領域を舞台に、三次元的な立体構造を自在につくる研究を推進。将来の情報通信を支えるデバイス・チップ作成に生かします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

極限パワー半導体材料・デバイス研究室

鹿田真ー 教授

いかにうまくエネルギーを使うか、というパワーエレクトロニクスに関するマテリアル研究を推進。ワイドギャップ半導体材料「ダイヤモンド」を取り上げ課題解決をめざします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

窒化物半導体電子デバイス研究室

葛原正明 教授

情報機器や家電機器の省エネ性能を向上できる新しい半導体として注目される窒化物半導体について、その特性のデバイスシミュレーション技術や評価技術の研究を行っています。

教員紹介ページへ

工学部

情報工学課程

Program of Computer Science

AIや感性工学など多彩なITを学ぶ

情報工学課程の詳細はコチラ
LABORATORY

情報通信理論研究室

井坂元彦 教授

情報通信を行う際に、どのように情報の変換(符号化)をすればよいのかを考えるとともに、それによって達成できる効率・信頼性・安全性の限界について検討します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

コンピュータシステム工学研究室

石浦菜岐佐 教授

自動車や家電製品に組み込まれるコンピュータの設計やプログラミングの研究、およびシステムプログラムの不具合やセキュリティの欠陥を自動的にテストする研究を行います。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

データ工学研究室

猪口明博 教授

高度情報化、記憶媒体の大容量化、通信の高速化等に伴い、形成された大規模データから埋もれた知識を発掘するデータマイニングの基礎・応用を通してその技術の育成を図ります。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ネットワークアーキテクチャ研究室

大﨑博之 教授

情報ネットワーク、大規模ネットワーク、次世代インターネット異種のネットワークなどによって構成される、大規模で高度な情報システムを実現するための研究に取り組んでいます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

エンターテインメントデザイン研究室

片寄晴弘 教授

21世紀は、ヒトの「夢や欲求」に焦点があたる時代背景を踏まえ、エンタテインメント性に関する研究、「感動」のメカニズムの分析や生成に関する研究を総合的に展開しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

人工知能基礎研究室

高橋和子 教授

計算機に人間のような問題解決能力を持たせるための研究を行います。数理論理学をベースに、目的に合わせて問題を抽象化・形式化し、それを扱う適切な推論機構を構築します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

計算理論研究室

徳山 豪 教授

「役に立つ数学」を旗頭に、数理を用いてアルゴリズム設計の理論や困難性の解明に挑戦。人工知能やビッグデータなどの現実の課題の解明にも取り組んでいます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

感性工学研究室

長田典子 教授

映像・音楽などにおいて、色や音や動きの特徴を解析。新しいコンテンツを生成するために画像計測・マルチスペクトル・CG・音楽認知理解・生理心理計測など多方面から研究。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

アルゴリズム工学研究室

已波弘佳 教授

インターネットなど大規模システムの設計や制御、新材料開発のためのビッグデータ解析、リアルなCG製作などの諸分野で性能を左右するアルゴリズムの研究を推進します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ヒューマンインターフェース研究室

山本倫也 教授

CGキャラクタやロボットと人との間に生まれるコミュニケーションの楽しさ、感動の仕組みの解明に挑戦。好ましいコミュニケーションを実現する仕組みの導入について研究。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

工学部

知能・機械工学課程

Program of Artificial Intelligence and Mechanical Engineering

人工知能と機械工学未来をつくる技術を創出

知能・機械工学課程の詳細はコチラ
LABORATORY

バーチャルリアリティ学研究室

井村誠孝 教授

バーチャルリアリティ技術を基盤として、コンピュータをはじめとする人工物を使う側である人間の特性に着目したインタフェイスを構築し、人類の知的活動を支援する研究を推進。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

機械学習研究室

岡留 剛 教授

機械学習をベースにセンサデータマイニングやソーシャルコンピューティングの分野を横断的に捉え、小説や動画・CG・アニメーションを自動生成する人工知能の研究に挑戦しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

マシンビジョン研究室

角所 考 教授

コンピュータによる画像の認識・理解技術を研究。特に人のさまざまな行動をカメラで継続的に観測し、その意図を把握してロボットなどで支援する技術に焦点を当てて推進します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

知的音声対話研究室

川端 豪 教授

音声認識・合成などのヒューマンインタフェース技術と、それを背後で支える知能処理との連携を理論・工学レベルで研究。人と自由に会話できるコンピュータの開発に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

神経知能工学研究室

工藤 卓 教授

神経科学、情報工学、認知科学を融合する神経知能工学の確立をめざします。脳情報処理の基本原理を解明し、工学的な技術に生かし、感性工学に資する技術を開発します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ヒューマンコンピュータインタラクション研究室

河野恭之 教授

日常生活を記録し、蓄積されたデータを後から検索・利用して人の能力の増強を図る「体験メディア」を中心に、人と人のインタラクションの支援をはじめとする課題に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

バイオロボティクス研究室

嵯峨宣彦 教授

生物の運動解析を基に、筋骨格モデル構築や3D解析による運動能力の推定を行い、それを基に軽量で柔らかな人工筋アクチュエータを開発。生物型ロボットなどへの応用を図ります。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

サービスロボティクス研究室

中後大輔 教授

個人のライフスタイルに合ったサービスの創造をめざし、“人と共存するロボット開発”をテーマに、人との協調動作が可能なロボット制御技術の開発に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

生命環境学部

生物科学科

Department of Biosciences

生物を科学的に分析し、環境と生命の共生を考える

生物科学科の詳細はコチラ
LABORATORY

植物共生工学研究室

武田直也 准教授

植物と土壌微生物との相利的相互作用「共生」を担う分子システムを、植物と微生物の双方からのアプローチで解明。共生の持つ生物機能の利用に向けた技術開発にも取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ゲノム情報科学研究室

藤 博幸 教授

生命科学分野のさまざまなデータをコンピュータ解析する方法の開発や、分子レベルでの生物の進化の解明、タンパク質などの生体分子の機能予測などの応用研究を行っています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

微生物生化学研究室

藤原伸介 教授

原始生命に最も近いといわれる高度好熱菌(超好熱菌)の性質を調べ、生命誕生の謎を探っています。また、発酵食品をつくる食品微生物の機能を高める研究も進めています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

海洋生命理工学研究室

松田祐介 教授

地球上に生物が生きていられるのは、独立栄養生物が光合成によって絶えず有機物を生産するからです。その20%を担う海洋性珪藻類の秀でた能力について研究しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

計算神経科学研究室

三浦佳二 准教授

計算論的神経科学の一つの目標は、「マインド・リーディング」ができるほどに神経細胞の電気信号を解読すること。信号のパターンを解読できる仮説を立てるのが醍醐味です。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

植物環境適応学

宗景ゆり 准教授

優れた乾燥耐性・高温耐性を有するC4型光合成植物の中で、比較的最近C4型への進化を遂げたキク科植物を使い、C4化を引き起こす遺伝子の解明をめざします。

教員紹介ページへ

生命環境学部

生命医科学科

Department of Biomedical Sciences

生命科学の基礎から医学応用まで学べる

生命医科学科の詳細はコチラ
LABORATORY

膜タンパク質制御学研究室

沖米田司 教授

世界的に有名な遺伝病で、治療法がない嚢胞性線維症の治療法開発をめざした基礎研究を実施。CFTRという膜タンパク質の分解およびフォールディングの分子メカニズムを解明。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

器官形成学研究室

西脇清二 教授

体長1ミリの線虫をモデルとして、動物の発生過程における器官形成の分子構造を研究します。線虫の研究から人の器官形成や疾病のメカニズムに迫ります。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

組織分化制御学研究室

平井洋平 教授

ヒトなどの各種未分化正常細胞やマウスを用いて細胞分化・組織構築の分子基盤とその制御実態への研究を分子レベルで展開。その結果を医療応用へ検討します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

脳神経イメージング研究室

矢尾育子 教授

さまざまなイメージング手法を取り入れ、脳内環境・神経シナプス伝達にかかわる機構とその破綻により生じる疾患に注目した基礎研究に取り組みます。

教員紹介ページへ

数理生体医工学研究室

吉野公三 准教授

人間の心臓血管系や脳神経系などの生理情報、日常生活中の行動や身体活動に関する情報を詳細に数理解析することで、ヒトの体や心の健康を評価する技術を医工学連携で開発。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

生命環境学部

環境応用化学科

Department of Applied Chemistry for Environment

化学的アプローチで、環境にやさしい社会を創る

環境応用化学科の詳細はコチラ
LABORATORY

触媒有機反応化学研究室

白川英二 教授

環境に優しく、持続成長が可能なグリーン・サスティナブル・ケミストリー(GSC)の理念に則り、触媒を駆使し簡単に炭素-炭素結合を作る有機合成化学の新手法を開発します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

地球環境化学研究室

谷水雅治 教授

地球表層に存在するさまざまな試料を解析し、地球環境問題にアプローチします。中でも人類が放出した有害金属元素の地球表層での循環とその影響を評価します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノバイオ計測研究室

田和圭子 教授

物理(光学・ナノテクノロジー)、化学(界面・分析)、生物などの研究を融合し、健康や環境にかかわる物質を対象にした新しい微量検出システム、高感度観察システムの構築をめざします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

機能有機化学研究室

羽村季之 教授

炭素-炭素結合に注目し、医薬や農業、電子材料、高分子材料に活用できる新しい機能性有機化合物、生理活性天然有機化合物の合成を目標に、新しい合成反応や合成技術を開発。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノ材料光科学研究室

増尾貞弘 教授

光合成や太陽電池など、我々の生活に重要な役割を果たす光と物質の関係に注目し、ナノメートルの小さい領域や1つの分子について、光との相互作用を研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

機能性高分子合成化学研究室

森崎泰弘 教授

有機合成化学をベースとして、高機能性有機材料を創出します。電気を通すプラスチックや眩い光を放つフィルム、特殊な樹脂など独自性のある次世代材料の開発に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ