キーワードから探す

遺伝子

生命環境学部

生物科学科

Department of Biosciences

生物を科学的に分析し、環境と生命の共生を考える

生物科学科の詳細はコチラ
LABORATORY

植物共生工学研究室

武田直也 准教授

植物と土壌微生物との相利的相互作用「共生」を担う分子システムを、植物と微生物の双方からのアプローチで解明。共生の持つ生物機能の利用に向けた技術開発にも取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

染色体機能学研究室

田中克典 教授

分裂酵母やゼニゴケなど遺伝学的解析に秀でたモデル生物を用いて、細胞環境応答・細胞核構造機能・染色体安定維持に関する普遍的な構造の解明に取り組んでいます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ゲノム情報科学研究室

藤 博幸 教授

生命科学分野のさまざまなデータをコンピュータ解析する方法の開発や、分子レベルでの生物の進化の解明、タンパク質などの生体分子の機能予測などの応用研究を行っています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

微生物生化学研究室

藤原伸介 教授

原始生命に最も近いといわれる高度好熱菌(超好熱菌)の性質を調べ、生命誕生の謎を探っています。また、発酵食品をつくる食品微生物の機能を高める研究も進めています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

化学生態学研究室

北條 賢 准教授

動物の社会や共生といった複雑な相互作用はどのように進化し維持されてきたのか、社会性昆虫を題材に、化学感覚を介した個体間コミュニケーションに関する研究を行います。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

海洋生命理工学研究室

松田祐介 教授

地球上に生物が生きていられるのは、独立栄養生物が光合成によって絶えず有機物を生産するからです。その20%を担う海洋性珪藻類の秀でた能力について研究しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

計算神経科学研究室

三浦佳二 准教授

計算論的神経科学の一つの目標は、「マインド・リーディング」ができるほどに神経細胞の電気信号を解読すること。信号のパターンを解読できる仮説を立てるのが醍醐味です。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

植物環境適応学

宗景ゆり 准教授

優れた乾燥耐性・高温耐性を有するC4型光合成植物の中で、比較的最近C4型への進化を遂げたキク科植物を使い、C4化を引き起こす遺伝子の解明をめざします。

教員紹介ページへ