キーワードから探す

ブラックホール

理学部

物理・宇宙学科

Department of Physics and Astronomy

物理現象・宇宙の謎に迫る

物理・宇宙学科の詳細はコチラ
LABORATORY

重力理論研究室

岡村 隆 教授

ブラックホール時空や初期宇宙などの強い重力現象と、そこで起こる物理現象、量子系の古典化現象などについて理論的な研究を行います。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

脂質膜物性研究室

加藤 知 教授

生物の細胞中の器官のほとんどはその周囲を厚さ10nmほどの生体膜で覆われています。複雑な生体膜の構造や働きを解明するため、多角的な視点から検討します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

理論天文学研究室

楠瀬正昭 教授

ブラックホール周辺には、非常にエネルギーの大きなプラズマが存在します。プラズマからくる電波やX線、ガンマ線を通してブラックホール周辺の物理的な環境を調べています。

教員紹介ページへ

光物理学研究室

栗田 厚 教授

世界は光と物質でできています。レーザー分光の手法を用いて、物質が色を持つ仕組みや光を発する仕組みなど、光と物質との相互作用によって起こるさまざまな現象を探究します。

教員紹介ページへ

薄膜物性研究室

阪上 潔 准教授

結晶から構成された基板上に超高真空中で原子を並べて作ったごく薄い膜を交互に積層させた人工格子について、性質の解明や新しい性質を持った人工格子の作成、その応用を研究。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

電波天文学研究室

瀬田益道 教授

電波望遠鏡を用いて、分子雲および銀河の形成と進化の観測的な解明をめざしています。また、南極大陸内陸部の高原地帯に天文台を開設する研究を推進しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

複雑系表面物理研究室

高橋 功 教授

X線は原子・分子を見るための光。強力なX線ビームを照射することで、ポリマー、コロイドや形状記憶合金などの表面などの原子構造と新しい機能の解明をめざしています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

統計物理研究室

谷口 亨 教授

原子分子の微視的なレベルから、温度や圧力などの巨視的な量の性質を通して自然現象を理解する統計力学の理論の基礎付けや発展、また流れのある系の性質を研究しています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

南極天文学研究室

中井直正 教授

主に電波天文学的手法により、銀河・銀河系・活動的銀河中心核の観測的研究、望遠鏡の技術開発を行います。南極高原地帯に建設予定の南極テラヘルツ望遠鏡計画も推進します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

X線天文研究室

平賀純子 准教授

観測装置を搭載した人工衛星の開発に携わり、X線天文衛星による観測データから、超新星残骸について研究しています。次世代のミッション搭載を念頭にX線検出器の開発を推進。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

赤外線天文学研究室

松浦周二 教授

宇宙からの赤外線を捉えることで銀河誕生やダークマターの謎など、現代の宇宙物理学が抱える大きな課題に取り組みます。ブラックホールが出した光を人工衛星により観測します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ