キーワードから探す

グリーンイノベーション

工学部

物質工学課程

Program of Materials Science

物質科学からエネルギー問題を解決する

物質工学課程の詳細はコチラ
LABORATORY

反応プロセス設計研究室

小倉鉄平 教授

コンピュータを用いて分子レベルの観点から実際の現象に対する計算解析を行います。燃料電池電極やその燃料である水素の製造触媒における現象解明、理論的設計に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

自動車好きのエネルギー環境物質研究室

田中裕久 教授

ナノレベルで構造制御した材料研究によって、液体燃料から直接発電する「燃料電池」など、100年後の暮らしを支える技術やエネルギーの実現を時間軸で考え、開発します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

二次元物質科学研究室

日比野浩樹 教授

次世代の電子・光素子の構成材料として炭素原子の二次元シートであるグラフェンなどの二次元物質とそれらの複合材料を研究。社会の持続発展に役立つ素子の開拓にも挑戦します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノスケール構造物性研究室

藤原明比古 教授

高容量の有機硫黄ポリマーをはじめとする2次電池の正極材料、高性能性・生産性・耐久性に優れた半導体材料など、エネルギー関連材料の分析を行い、新規材料の設計をめざします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

水素エネルギー材料創造研究室

松尾元彰 准教授

燃料電池車の普及など、水素社会到来に備えて水素を大量に貯めることができる水素貯蔵材料の開発のほか、リチウムイオン二次電池などの蓄電池への水素化物の応用を研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノ蓄電工ネルギー材料科学研究室

吉川浩史 准教授

有機小分子や高分子から無機物質、有機無機複合材料、炭素材料などさまざまな物質を対象に、大容量・急速充電を実現する蓄電池材料の開発研究を行っています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

物質設計理論研究室

若林克法 教授

ナノスケールの大きさを持つ物質・材料の電子物性を理論・計算によって解明し、ナノスケールの領域で顕著に起きる特異な電子物性について、機能物性を予測し理論的設計します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

工学部

電気電子応用工学課程

Program of Electrical and Electronic Engineering

電力を有効利用し持続可能な社会に貢献する

電気電子応用工学課程の詳細はコチラ
LABORATORY

省エネルギー半導体研究室

大谷 昇 教授

ワイドバンドギャップ半導体、特に電気エネルギーのロスを大幅に削減できる可能性を持つシリコンカーバイドと呼ばれる化合物半導体単結晶の結晶成長や欠陥物理を研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

超電導エネルギー物質科学研究室

尾崎壽紀 准教授

自然再生エネルギーを利用した新ネットワーク社会を構築するため、新規超電導物質を中心に次世代新機能性材料を設計・探索。エネルギー輸送システム技術の革新をめざしています。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

極限環境先進ナノプロセス研究室

金子忠昭 教授

半導体を利用し、原子の大きさが認識できる極微小のナノ領域を舞台に、三次元的な立体構造を自在につくる研究を推進。将来の情報通信を支えるデバイス・チップ作成に生かします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

極限パワー半導体材料・デバイス研究室

鹿田真ー 教授

いかにうまくエネルギーを使うか、というパワーエレクトロニクスに関するマテリアル研究を推進。ワイドギャップ半導体材料「ダイヤモンド」を取り上げ課題解決をめざします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

窒化物半導体電子デバイス研究室

葛原正明 教授

情報機器や家電機器の省エネ性能を向上できる新しい半導体として注目される窒化物半導体について、その特性のデバイスシミュレーション技術や評価技術の研究を行っています。

教員紹介ページへ

生命環境学部

環境応用化学科

Department of Applied Chemistry for Environment

化学的アプローチで、環境にやさしい社会を創る

環境応用化学科の詳細はコチラ
LABORATORY

触媒有機反応化学研究室

白川英二 教授

環境に優しく、持続成長が可能なグリーン・サスティナブル・ケミストリー(GSC)の理念に則り、触媒を駆使し簡単に炭素-炭素結合を作る有機合成化学の新手法を開発します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

地球環境化学研究室

谷水雅治 教授

地球表層に存在するさまざまな試料を解析し、地球環境問題にアプローチします。中でも人類が放出した有害金属元素の地球表層での循環とその影響を評価します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノバイオ計測研究室

田和圭子 教授

物理(光学・ナノテクノロジー)、化学(界面・分析)、生物などの研究を融合し、健康や環境にかかわる物質を対象にした新しい微量検出システム、高感度観察システムの構築をめざします。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

地球物質科学研究室

壷井基裕 教授

分析化学の手法を用いて身近な岩石や鉱物を分析、地球の歴史の解明につなげます。大陸地殻を構成する花崗岩をターゲットに、年代測定や化学分析を行い、その起源を探ります。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

バイオ物質科学研究室

橋本秀樹 教授

光合成に欠かせないカロテノイド色素を研究。人工の光合成色素タンパク質超分子複合体を創成し、光合成系の動作機構を解明し次世代燃料の生成に関する応用研究にも挑戦します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

機能有機化学研究室

羽村季之 教授

炭素-炭素結合に注目し、医薬や農業、電子材料、高分子材料に活用できる新しい機能性有機化合物、生理活性天然有機化合物の合成を目標に、新しい合成反応や合成技術を開発。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

ナノ材料光科学研究室

増尾貞弘 教授

光合成や太陽電池など、我々の生活に重要な役割を果たす光と物質の関係に注目し、ナノメートルの小さい領域や1つの分子について、光との相互作用を研究します。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ

機能性高分子合成化学研究室

森崎泰弘 教授

有機合成化学をベースとして、高機能性有機材料を創出します。電気を通すプラスチックや眩い光を放つフィルム、特殊な樹脂など独自性のある次世代材料の開発に取り組みます。

教員紹介ページへ 教員Webサイトへ